腰痛をストレッチで治しました

当サイト管理人の体験談です。

私は一日中パソコンの前に座っている仕事です。

20代の頃は肩こりがひどかったです。

もともと頭痛になりやすかったのですが、肩こりのせいで頭痛になることもありました。

まあ、生まれつき肩こりになりやすいのかなとか、パソコンを使っているから肩こりは仕方ないか程度に考えていました。

でも、30歳を超えてから、腰まで痛くなり始めたんです。

初めは、腰が重い程度でしたので放っておいたんですが、そのうち椅子に座るのも苦痛になってきました。

整体に行っても、そのときは気持ちいいのですが、腰痛が治りはしませんでした。

一度、Tarzanにストレッチ特集があって、腰痛に効くストレッチを試してみたんです。

これも、ストレッチ直後は気持ちいいのですが、根本的に腰痛が治ることはありませんでした。

それから、福辻式ストレッチという本と出会いました。

整体でやることをストレッチで自分自身でやってしまおうという内容です。

驚いたことに、腰痛対策なのにふくらはぎを伸ばすんですね。筋肉はそれぞれつながっているから、実は少し離れた筋肉を伸ばす必要があるそうです。

このストレッチのおかげで腰痛がだいぶらくになりました。

この勢いで完全に腰痛とお別れしようと、福辻式の腰痛改善DVDを視聴しました。

どんな内容かを詳しく知ることは出来ませんでしたが、福辻式腰痛改善DVDの評判は良いようなので、安心して見ることができました。

腰痛でお困りの方は福辻式を試してみるといいかもしれませんよ。

腰痛で歩行も困難な状態から、元気になりました。

おかみどりさんの腰痛体験談です。

子育てをしている頃は、体が弱っていた為か腰痛に悩まされました。

一番悪く感じた時期がありました。

あまりにも腰の調子が悪いときは、痛さとあとは足との動きまで鈍っていたのです。

この治療については、東洋医学に通うことにしました。

なぜこの様な治療と決めたかと言いますと、幼い頃に母に馬乗りになって「やいと」をすえてもらってその後、気持ち良いと、体で感じる事を覚えていたからなのです。

私はかんが強い子で、いらいらっとしたところがありましたが、やいとをすえられて、泣いて眠った後は、体の調子がよいとからだで感じていました。
私のおじいちゃんも、やいとをすえる場所を決める事を、人にしてあげていたのです。

普段は優しい母が、鬼みたいに怖くなり、私に無理やりに頑固に、幼い私にやいとをすえるのです。

東洋医学では、ハリと吸引と漢方薬と、あとは先生に印をつけてもらっている箇所にやいとを毎日自宅ですえていくのです。

これは、「ななひ」と言って7つすえるだけでよいのですが、それよりも多めにすえてもらいました。

母がリュウマチで膝までも悪くしているのに、その母が私の体の20箇所くらいすえてくれるのです。

私は、その様な治療で、日々よくなり歩行も困難なくできるようになりました。